優秀な人材を研修担当にする

社員研修の質が上がる

社員研修をする時には、教える側の能力も重要です。もし、教える側の質が悪ければ教えられる側もうまく理解出来ないことが多くなり社員研修をしてもその成果が表れにくいです。
社員研修で大きな成果を上げることが出来なければ、企業の成長がストップする可能性もあり、優秀な人材が出てこない可能性もあります。このような事態になると社員研修をした意味がなくなるので、出来る限り優秀な人材を研修担当にすることが必要です。仕事が優秀だけでなくて、教える能力も優秀であることが必要です。
教える側の質が高ければ、教えられる側もしっかりと研修で学んだ事を理解出来て、企業の戦力になってくれる人が多くなります。誰が社員研修担当になるかで大きく結果が違います。

不安を与えないことが出来る

社員研修では、優秀な人材を社員研修の担当にすることが大事ですが、メリットの1つに研修を受ける側に不安を与えないというのがあります。
もし、教える側の人間が仕事についてしっかりと理解していなかったり、教え方が下手ですと研修を受ける人がこの企業は大丈夫なのかという不安が過る可能性があります。
そうなると、研修を受けた人は不安を抱えながら仕事をしていく事になりますし、うまく研修で教えてくれた事を理解できなくてなかなか仕事に慣れないということが起きます。不安を抱えながら仕事をする人が多くなると、成果もでにくいですので結果的に企業にとって大きなダメージとなります。
不安を与えない研修にするためには、優秀な人が研修担当になる必要があります。