従業員が成長する

会社を成長させたいなら従業員の成長が必須

会社を存続させるためには現状維持という考え方ではなく、成長させる考え方をすることが大事です。長く現状維持できれば、その間は会社の売上や利益は大きく変化することはないため、安定しています。
しかし、どのような会社であってもずっと現状維持を続けることは難しいですし、時代の流れに取り残されてしまえば、這い上がるのが難しくなります。そのため、長く会社を存続させたいのであれば、成長することに目を向けるべきです。画期的なアイデアや資金は新しい商品やサービスを生み出すうえで重要ですが、同じくらい重要なのが従業員の成長です。
従業員が1人1人成長すれば、必ず会社も成長するのでそのための取り組みに力を入れるべきです。たとえば、社員研修は従業員の成長に効果的なので開催を推奨します。

社員研修で従業員を成長させよう

従業員を成長させるために社員研修を実施するメリットは、実務経験とは別に学べる機会を作れることです。会社で仕事をこなすことでミスが減り、生産性を向上させられますが、それだけでは新しい知識が身に付きません。
そこで、社員研修を実施することによって学べる機会を作れば、実務経験に加えて知識を習得できるため、従業員のレベルアップを図れます。経験と知識が豊富な従業員は講師として最適ですが、そればかりでは新鮮さがありません。
たとえば、外部から専門家を講師に招くと実務で役立つ知識を勉強できますし、従業員に興味を持ってもらえます。また、講義だけの内容にするよりは、実技も含めた社員研修の方が従業員の集中力を高められます。