仕事の詳細をしっかり教える

新人の社員研修で重要視したいポイント

社員研修は営業職や技術職など、職種別に行う研修のほかに、新人や管理職や役員などの階層別に行う研修があります。
また、その中でも特に重要な研修が新人研修です。何事もはじめが大事と良く言われますが、まさにその通りで、新人研修が疎かになってしまうと、最初の段階で新人が躓いてしまい途中で退職してしまいます。せっかくお金をかけて研修を行ったのに、数カ月後に退職されてしまっては、そこまでに投資したお金が全て水の泡です。
ですから、新人研修を行うときには、新人が仕事の中でつまずくことがないように、仕事の詳細をしっかり教えてあげることが重要となります。仕事の詳細を教えてあげる方法としてはロールプレイングや座学があります。良い研修方法を取り入れて、早く新人が一人前になれるよう手助けをして上げましょう。

研修を行う上でもう一つ大切なこと

また、新人研修を始めとした研修では、仕事の詳細を丁寧に教えてあげることの他に、もう一つ大切なことがあります。それは研修のレポート作成です。
研修後にレポートを作成してもらうのは3つのメリットがあります。1つはレポートを作成するためには、研修の内容を聞いて置かなければいけませんので、身を入れて研修の内容を聞いてくれるようになります。もう1つは、聞いた内容をレポートとして書く時に復習が出来ることです。聞いた内容をもとに文章を作成するだけでも振り返りが出来ます。最後は、研修を行った側が、研修を受けた人の理解度や考えが分かることです。
このようなメリットがありますので、研修後にはレポート作成を取り入れていきましょう。